ハンズフリーレシピ
kimamula
3.0
ハンズフリーレシピは、 Web 上の 30,000 以上のレシピページを機械学習することで、レシピページからの情報抽出ができるようになったアプリです。 料理中に、スマートフォン等を手で操作することなく(スリープ、ロックが無効になっていれば)、レシピ情報を確認できます。 最初に URL の入力が必要になるため、テキスト入力が可能なデバイスでの使用を想定しています。 <使い方> 1. はじめに、検索などにより作りたいレシピを Web 上で探し、その URL をコピーします 2. 本アプリを起動し、コピーした URL を貼り付けて送信します 3. 本アプリがレシピ情報を読み取ったら、以降は以下のように話しかけて情報を取得します - 「材料」: すべての材料とその使用量を読み上げます - 材料の名前(「醤油」など): 指定した材料の使用量を読み上げます - 「手順」/「作り方」: すべての手順を読み上げます - 数字(「1」など): 指定した数字に該当する手順を読み上げます - 「次」: 直前に読み上げた手順の次の手順を読み上げます - 「前」: 直前に読み上げた手順の前の手順を読み上げます <注意> - 機械学習を利用しているため、すべてのレシピページを 100% の精度で正確に抽出することはできません - 特に、ページの構成が以下のようになっているページの読み上げはできません - HTML によってレシピ情報が構造化されていないページ(例えば、ブログ記事のような形式でべたっと書かれたものや、まとめサイトのレシピ) - JavaScript によって HTML を構築するタイプのページ - その他、 HTML の構成が想定外のページ - レシピ情報の解析は重い処理なので、タイムアウトしてしまうことがあります <開発者向け情報> ハンズフリーレシピのソースコードは以下で公開しています。 https://github.com/kimamula/recipe-reader/ <オープンソースライセンス> https://raw.githubusercontent.com/kimamula/recipe-reader/master/functions/license.json
詳細
アシスタントに尋ねる
ハンズフリーレシピにつないで
詳細
フード&ドリンク
使用可能なデバイス
Android 6.0 以降を搭載したスマートウォッチ
Android 6.0 以降を搭載したテレビ
Android 5.0 以降のスマートフォン
iOS 10.0 以上のデバイス
スマートディスプレイ
Android 6.0 以降搭載のタブレット
3.0
2 人のユーザー
5
1
4
0
3
0
2
0
1
1